ホーム>トピックス>ニュース>2017年第一四半期 アジア域内コンテナ輸送量11%減
ニュース

2017年第一四半期 アジア域内コンテナ輸送量11%減

アジア域内13カ国・地域における主要船社の今年第1四半期(1-3月)のコンテナ輸送量は、前年同期比11.2%減の286万5,000TEUでした。
日本発アジア向け輸出は15.7%減の31万8,000TEU、アジア発日本向け輸入は12.4%減の49万2,000TEUとなっています。

日本発アジア向け輸出をみると、台湾向けやベトナム向けの輸送量が増加しましたが、その他地域は減少しました。
タイ向け9.7%減の3万7,000TEU、フィリピン向け8.2%減1万TEU、インドネシア向けとマレーシア向けはともに27.2%減の1万6,000TEUなどです。

一方、アジア発日本向け輸入は、台湾発やマレーシア発、ミャンマー発などが増加した半面、フィリピン発やタイ発、インドネシア発は減少が目立ちました。
台湾発1.6%増の4万5,000TEU、マレーシア発2.9%増の2万TEU、フィリピン発27.4%減の1万6,000TEU、タイ発14.5%減の3万9,000TEUとなっています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinki-japan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/32