ホーム>トピックス>ニュース>邦船3社コンテナ船統合会社 「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」に
ニュース

邦船3社コンテナ船統合会社 「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」に

日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社は、来年4月に事業開始予定のコンテナ船統合新会社の社名を「オーシャン・ネットワーク・エクスプレス」に決定したと発表しました。
持ち株会社を東京に設立する一方、事業運営会社をシンガポールに置き、地域統括拠点を香港、シンガポール、ロンドン、リッチモンド(米国バージニア州)、サンパウロにそれぞれ設置する予定です。

シンガポールには、すでに各船社で一定の事業運営基盤が存在していることに加え、海事センターとしての地理的優位性や海運会社に対する税制優遇措置が充実していることなどから、主体となる事業運営拠点を日本国外に置くことになったとしています。

3社は昨年10月末に定期コンテナ船事業の統合で合意、合弁会社を今年7月1日設立、来年4月からサービスを開始する計画です。
統合によりコンテナ船運航規模は243隻・約144万TEUとなり、世界6位のシェアを握ることになります。
現在、関係各国の審査・承認手続きを進めており、完了した段階で詳細を改めて公表する予定です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinki-japan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/33