ホーム>トピックス>ニュース>中国 廃棄物の輸入規制を強化
ニュース

中国 廃棄物の輸入規制を強化

中国は国内のリサイクル率を高める目的で、段階的に廃棄物の輸入規制強化、禁止品の拡大を行う予定です。

規制強化は今後2段階に分けて行われ、2018年12月31日に、リサイクルのための金属製品、電線やケーブル、解撤可能なスクラップ船舶、工業由来の廃プラスチックなど16品目の固体廃棄物を輸入禁止。

2019年12月31日には、廃材、木くず、ステンレスなど16品目の固体廃棄物を輸入禁止するとされました。

すでに昨年末に規制された古紙・廃プラスチックは、日中航路のウエストバウンドの主要品目だったため、日本出し中国向け海上輸出が減少しましたが、今後さらなる輸出減少の可能性も否定できない状況となりました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinki-japan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/57