ホーム>トピックス>ニュース>トラック無人隊列走行 22年度の商業化を目指す
ニュース

トラック無人隊列走行 22年度の商業化を目指す

国土交通省と経済産業省は、昨年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」に基づき、早ければ2022年度でのトラック無人隊列走行の商業化を目指しています。

今年1月には新東名高速道路と北関東自動車道で有人隊列走行の実証実験が行われており、20年度には高速道路上での後続無人隊列走行実現を目標としています。トラックの後続無人隊列走行は、海上コンテナのドレージにおいても活用が期待されており、ドライバー不足の解消へ向けて期待が寄せられています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinki-japan.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/63